• ラフタークレーン探し.com
  • 性能表一覧
  • 発注を検討中の方向けサイトご利用ガイド
  • レンタルリース企業向け新規企業登録
  • ラフタークレーン探し >> 
  • はじめてラフタークレーンをレンタルする方へ ~初めてレンタルする方も大歓迎です~

はじめてラフタークレーンをレンタルする方へ ~初めてレンタルする方も大歓迎です~

「ラフタークレーンをレンタルして荷物を上げたい! でもラフタークレーンをレンタルするにあたり、何を準備して、どこに連絡をすれば良いの?」とお困りではございませんか?

『ラフタークレーン探し.com』では、工事現場の近くのラフタークレーンの手配はもちろん、ラフタークレーンの車種、現場調査、道路使用許可・・・
などあらゆる相談をお電話にてお受けしております。

ラフタークレーンを依頼するには?

ラフタークレーンを使用するには、まずは下記の情報が必要です。

1.ラフタークレーンの車種(例:16t、25t、)

分からない場合・・・
① 吊荷の大きさ(縦・幅・奥行)、重さ
② クレーンの設置場所から荷下ろしの場所までの距離、高さ
※現場の図面があればそれで判断できることが多い。
③ 空中線(電線)の有無

上記の情報を最低限準備します。もし不明な場合は現場調査が必要です。

2.現場住所

住所は詳細まで必要です。現場名まで準備すれば完璧です。
現場の地番がない新築工事や野立て工事の現場は、搬入路を記載した地図をご用意ください。

3.作業日程

クレーンを手配する1週間程度前に連絡いただくとクレーン車が見つかりやすいです。

もし日時が決まっていない場合・・・
・土日祝、大安の日
・深夜作業
上記日程は避けた方が無難です。
クレーン車の空きが少なく、金額も高くなるケースがあります。

その他注意事項

クレーン作業には、玉掛けの有資格者が必ず必要です。
また、吊るためにはワイヤー、スリング(帯)などの「吊具」をご用意ください。
吊るものによって、最適な吊具がありますので、不明な方はご相談ください。

FAXお問い合わせお待ちしています。

下記から、お問い合わせ用のFAX用紙をダウンロードできます。ご活用ください。

FAX用紙をダウンロード

建設業専門のホームページ制作

工事現場に最適なクレーンの車種が分からない方のご相談も承っております。お気軽にご相談ください。

TEL:0120-008-771

メールでのお問い合わせ

新規企業登録はこちら

サイト利用状況

登録企業数
320
見積り件数
1197
14,832t

総吊り上げ荷量

2017年02月17日 14時55分
(最終更新)

ラフタークレーン探し.comの特徴

  • 1. 工事現場に近い企業が探せる
  • 2. 無料で見積もりが比較できる
  • 3. 24時間以内に見積もりが届く
  • 4. 性能表も検索できる
詳しくはこちら
クレーン等安全規則
ゲキセン内装資材通販激安センター